HOME>オススメ情報>白い歯を見せられる治療が人気取りしているワケ
歯科医

銀歯ではない審美性

一般から小児、さらに矯正歯科において、年中無休での診療を行う、こうした歯医者が蘇我では人気高です。また、自費治療扱いである、白い被せ物(CAD/CAM冠)の相談も相次いでいるようですが、保険治療ができることが理由です。加えて、歯科医師と歯科衛生士のチーム医療体制が構築され、正しい診断、治療にあたることも好評です。蘇我では、院内に技工士を常駐させている歯医者が多く、医師と技工士で協力し、完成度の高い白い被せ物を型取りを含め、たった1日で提供してくれます。銀歯や金歯が目立つ被せ物は、審美において懸念されていました。しかし、天然の歯と大して変わらない色調、強度のある材料により、審美治療を保険により施せる内容に変遷されています。もちろん、見た目だけでなく、金属アレルギーで悩んでいた患者も安心なメタルフリー治療が受けられるようです。

保険適用された治療

できるならば、高額治療となるインプラントを施したい患者もいるでしょうが、蘇我では白い被せ物(CAD/CAM冠)の治療が人気取りしています。しかし注意したいのは、保険外となるセラミック素材は割高傾向にある点で、最近ではレジンとセラミックを合わせた素材が保険適用となり人気取りしています。例えば、自由診療のセラミック素材の値段相場を見てみれば、最も高価となるのがオールセラミック冠で1本あたり10万円前後になります。蘇我の歯医者では4千円~ブロック代などが付帯された保険適用プランも提供されています。自費より安価、しかしセラミック素材にヒケを取らず、耐久性やアレルギーにも配慮されています。CAD/CAM冠の技工に慣れた技士がいれば、機器導入にも繋がり、技工料金も安値となります。

広告募集中